直訳すると見えてくるもの

NISAを英語表記にすると「NipponIndividualSavingAccout」となります。日本語では少額投資非課税制度となっていますが、 それぞれの単語を直訳した場合、NISAの本来の意味が見えてきます。IndividualSavingAccoutを直訳すると「個人を守る口座」と読 み取る事ができます。この直訳部分となるISAはイギリスを中心にメジャーとなっており、それにあやかった日本版という事で頭にNが付いたわけですね。投 資額の総額は100万円までと決められているNISAですが、仮に100万円の利益が出た場合、20万円が非課税となる事を考えると、やはり個人投資家と してはNISAは有り難い存在となります。NISAは投資家の意欲を高めるためにも導入された制度なので、その辺をうまく活用していきましょう。

参考サイト

NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】
NISAの非課税枠を利用して一般家庭でも株や投資信託をはじめる人が増えています。証券会社比較ランキング、おすすめ口座、特典やキャンペーンなどのお得な情報をご紹介していきます。
xn--nisa-t01ir75g8lyqgv.com/