フラット35の申込みの注意点

来年にでもフラット35の申込みを考えている方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
まとまったお金が入った時に返済できれば、月に返すお金が減るのでとても楽になるっていうしね!但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。
なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。
どうしても何かあった場合に備えないという方は、繰上げ返済を利用してみてもいいでしょう。
今、注目の住宅ローンを選択しようかなやんでる方も多いのですがそれよりも固定金利か変動金利かでなやんでる方が相当いるらしいのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば計算もしやすいだけでなく、全ての返済しないといけないお金も正確に分りるからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのでローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがありますね! それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがありますね! こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握して将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。
フラット35を組む時はまず審査が必要。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
たいていの場合、数十万とか、もっといくと数百万単位の金額が指示される様です。

フラット35への借り換えは損?徹底比較で検証! 【お得な銀行は?】